京都風俗恋物語①「彼女との出会い」

初めて彼女に会ったのは、丁度1年位前のことでした。

出会った場所は、京都回春性感マッサージ倶楽部

そうです、彼女は風俗嬢であり、僕は、そこの客として彼女と出会うことになりました。

その日は、何だか人肌恋しくなってしまい、普段あまり風俗店ヘは行かないのですが、なんとなく・・本当になんとなくお店に入っていったのです。

お店に入る早々、スタッフが元気に対応してくれて、写真を見せてくれました。

風俗店の女性の写真ってどれもこれも、加工されているし、みんな一緒に見える・・というのが正直なところだったのですが、彼女はまわりとは違いました。

他の人から見ると、他の子たちと変わらない・・と思う方もいらっしゃることでしょう。

しかし、僕にとっては、ひときわ目立って見えて、強く惹かれるものがあったのです。

「この子にします。

」僕は言いました。

すると、1時間待ちになってしまう・・とのこと。

その辺で時間つぶしておくので、予約する、と僕は迷いなく言いました。

普段あまり風俗に行かないと言いましても、経験は何度かあります。

しかし、これまでこのようなことがなかったので、驚いています。