カラコンの洗い方

カラコンは、正しい洗い方を実践してください

ワンデータイプのカラコンは、面倒なケアなどを必要としないので、簡単にオシャレを楽しむことができます。ですが、その日限りしか使えないこともあり、コスト的には少し勿体無さを感じることがあります。毎日カラコンを使う方にとっては、2weekタイプや、1ヶ月タイプの方が、コスト的にも嬉しいですし、エコにつながります。ですが、必ず必要になってくるのが、毎日のカラコンケアです。毎日、使うたびに丁寧なケアをすることにより、決まった期間、カラコンを清潔に保てるのです。一日使ったカラコンには、たんぱく質汚れや、カルシウム、細菌などがついています。それを放置したままでいると、再びそのレンズを使ったときに、眼にトラブルが起きたり、眼障害になったりしてしまうのです。

 

カラコンを清潔に保つケアグッズ

カラコンをケアするためには、いくつかの製品を揃える必要があります。まずは、保存ケースです。ケースは、カラコンを保存したり消毒をしたりするのに、欠かせないものです。最近は、キャラクターの描かれているケースもたくさん販売されていますから、お気に入りを見つけて使えば、毎日のケアも楽しくなります。そして洗浄液も必須アイテムです。カラコンを洗浄する場合、マルチパーパスソリューションという、洗浄液を使うのがおすすめです。マルチパーパスソリューションは、MPSとも呼ばれ、レンズの洗浄と消毒と保存がひとつでできるので、とても便利なケア製品です。

 

カラコンの洗い方

カラコンはとても薄くて、デリケートな素材でできています。ですから、カラコンをつける時はもちろん、洗浄する際も、きちんと手を洗ったり爪を短く切っておくことが大切です。きれいに洗った手の平にカラコンを置きます。そしてレンズにMPSなどの洗浄液を数滴垂らし、レンズの両面をこすり洗いします。こすり洗いとは、指の腹を使って前後に30回ほど同じ方向にこすって洗う方法です。グリグリと強く押し付けたり、円を描くように洗うのは、カラコンにとっては良くありません。レンズが壊れてしまう原因にもなりますから気をつけましょう。カラコンを清潔に使っていく為には、こすり洗いはとても重要ですので、必ずしっかり行ってください。
こすり洗いの後は、すすぎです。このすすぎもMPSを使ってレンズの両面に丁寧に行います。そして初めてレンズケースに入れます。カラコンを入れる前にケースにMPSをたっぷり入れ、レンズを完全に沈めることがポイントです。そして、ケースの中で一定時間しっかりと消毒をして保存してください。正しいケア方法でカラコンを清潔にして、オシャレを楽しみましょう。